サーバーレス化のためのawsの運用メリットと監視のポイント

自社サーバーを導入して運用してきた企業でもサーバーレス化を進める傾向がだんだんと生まれてきました。新たに情報インフラを立ち上げる際にも自社サーバーを使わずにawsを導入してサーバーレスでの運用をするケースも目立つようになってきています。

このようなやり方のメリットや運用上必要となる監視のポイントについて把握しておきましょう。

awsの監視サービスを活用して運用しよう

自社サーバーからクラウドサービスへ

自社サーバーを利用して社内の情報システムを動かすためのインフラを作るのは情報システムを運用する企業では常套手段でした。ソフトウェアなどの開発をするIT企業だけでなく、一般企業でも業務システムの導入やECサイトの運営などを行うようになった影響で情報システムを活用するのが普通になっています。

その際に自社サーバーを使うのがやはり主流でしたが、だんだんとクラウドサービスを使用することで自社サーバーを用意せずに運用するケースが増えてきています。導入コストを大幅に削減でき、必要な情報システムを速やかに導入して運用を開始できる点でクラウドサービスは優れているのは事実でしょう。

ただ、クラウドサービスを利用するのには運用上のデメリットもあります。基本的には自社サーバーのように自由にリソースを使用して必要なシステムを組み上げていくことはできず、新しい情報システムを導入したいと考えたら別のクラウドサービスを探して契約や導入をすることになるのが代表的なデメリットです。

単一の業務システムを導入すれば問題ない企業であればクラウドサービスだけで十分でしょう。しかし、ソフトウェアなどのシステム開発をする現場や、部署や組織ごとに異なる業務システムが必要な企業などではクラウドサービスだけで運用しようとすると契約数も多くなって情報インフラが複雑化してしまいがちです。

一方、クラウドサービスの問題点としてもう一つ挙げられるのがシステムの最適化が難しいことです。サーバーそのものはクラウドサービスを提供している業者が管理しているため、リソースの割り当て方などを直接操作することはできません。

リソースの利用状況やディスク配分などを調整することによってより良い形でサーバーを効率的に動かせるようにしようとしてもクラウドサービスではできないのです。サーバー上のサービスを改善していきたいという希望を実現するためには業者との交渉が必要になりますが、通常は同じサーバーを複数の契約相手が使用しているので希望通りにしてくれる可能性はあまり高くはありません。

サーバーレスでawsを使おう

サーバーを利用する上での自由度の高さや柔軟性の高さを考慮すると自社サーバーを運用するのがベストだと考えてしまいがちですが、awsを使ってサーバーレスの環境を手に入れることも可能です。

awsを利用すると何が違うのかが疑問に思われる人もいるでしょう。awsでは平たく言ってしまえばサーバーの環境をだけを提供してもらうことができるサービスで、サーバーのハードウェア部分やそれに近いところはawsが管理し、割り当てられたサーバー環境はユーザーが自由に管理することができる仕組みになっています。

クラウドサーバーとして提供されているのがawsの特徴で、そのサーバー上で幅広い種類のアプリケーションを利用できるようになっています。サーバー運用をする上で役に立つサービスも幅広く提供されていることから利便性が高いという点で多くのユーザーを集めているクラウドサーバーです。

運営期間も実績も業界トップクラスというのも魅力で、クラウドサーバーを使ってサーバーレス化をしようと考えたときにまず候補に挙げられるサービスとなっています。

サーバーレスでawsを使うメリット

クラウドサーバーのawsを使うメリットをもう少し詳しく見てみましょう。awsはクラウドサーバーなので自社サーバーの構築をするのにかかる膨大なコストを抑えることができるのが魅力です。さらに、サーバーを運用する上で有用なアプリケーションやサービスを自由に選んで利用できる仕組みになっていて、その利用量に応じた料金が課金されます。

あまりストレージも必要なく、利用量も多くなければコストがあまりかからずに済むでしょう。利用量に波がある場合には使ったときには高くなり、使わないときには安くなるという形なのでコストパフォーマンスが上がりやすいのがメリットです。

また、awsはクラウドサーバーのサーバー領域の割り当てなどのリソース管理を徹底して行ってくれているのも魅力です。膨大な量のサーバーとアカウントを管理していて、常時監視体制が整えられています。小型のサーバーを稼働させているときには不具合が生じたり、障害発生リスクが確認されたりしたときにリソースをどのように割り当てて解決すべきかがかなり大きな課題になるでしょう。

awsではその割り当てが十分に可能なインフラを構築して運営しているため、利用しているクラウドサーバーそのものに障害が発生したり、動作が不安定になったりすることがほとんどありません。安心してサーバーレス環境を作り上げらると考えられるでしょう。

awsの監視サービスを利用するときに知っておきたい料金の基本

awsに移行するデメリット

クラウドサーバーのawsを使うデメリットについても見てみましょう。

今まで自社サーバーを使ってきた場合にawsに移行するとハードウェア側の管理ができなくなるのがデメリットです。CPUやメモリなどの割り当てを変更するか、サーバーを増設するかなどといった多岐にわたる選択肢から最適な方法を選んで現場の状況に合わせていくことができるのが自社サーバーを持つメリットでしょう。

awsに移行するとストレージなどを拡張することは可能ですが、ハード自体に手を加えることはできないので行える作業は制限されることは否めません。

サーバーレスにしたときの監視のポイント

サーバーレス環境にして運用をするときにもサーバー監視は必要になります。

サーバーレスにしてawsを使って監視をするときには基本的にサーバー環境内についてだけ監視をすれば良くなり、CloudWatchというオリジナルツールも提供されているので比較的簡単に体制を整えることが可能です。

他の監視ツールを使用したり、awsに特化した運用代行や監視代行サービスを申し込んだりすることもできます。クラウドサーバーの障害対応だけで良いなら外注するのが簡便でしょう。最適化を進めたいのであればCloudWatchなどの監視ツールを使用し、エンジニアに監視と最適化を任せる体制を整えるのが合理的です。